IT | EN | FR | JA

アブルッツォ州とは

イタリア中部に位置するアブルッツォはアドリア海とアペニン山脈、トロント川とトリ ーニョ川という自然地形による州境で隔てられ、領土の3分の2以上を占める山岳地 帯から海岸に向かって丘陵地がなだらかに広がる変化に富んだ地形が特徴です。
 
州内には 38 以上の OASI 自然保護区を有しアブルッツォ国立公園、グラン・サッソ− モンティ・デッラ・ラガ国立公園そしてマイエッラ国立公園という三つの重要な保護地 域があります。州内3分の1を自然公園が占め、限られた領域内で雄大な自然がこ れほど多様な地形を織り成す様は、まさにヨーロッパの緑の州の名にふさわしいと言 えるでしょう。この地形は天候にも深く関わり海岸部の地中海性気候、温暖な丘陵地帯、 アペニン山脈地帯の気候など実に多様です。
 
こういった地形や天候の地域差によりアブルッツォでは土地ごとに最も適した産物に 集中する形で農業が発展しました。それに伴い商業投資においても主にワイン、オリー ブオイル、小麦など手作業による最高品質商品の少量生産が主流です。150 品目あま りにわたるアブルッツォ特産物の中でも特にモストコット、ヴィーノコット、アッロス ティッチーニ、スルモーナ産赤ニンニク、トマトソース、ファッロ・ダブルッツォ、モ ンテプルチャーノ種ブドウジャム・スクルッキャータ、ペーラ・ダブルッツォ種トマト、 ボッコノッティ、ネオレ(ピッツェッレ又はフェッラテッレとも呼ばれる)スフォリアテ ッレなどは代表的です。ここには当社製品や主原料がいくつも含まれているのをご覧い ただけるでしょうか。地元特産物の信頼性を高めヨーロッパの緑の州に古くから伝 わる味の魅力を探求しながら、アブルッツォの大地に培われてきた食文化と伝統の素晴 らしさを広く伝えたい、それが私たちの願いなのです。